小児矯正

正しい歯並びのための下地を作る

きれいに歯を並べるためには、顎がしっかりと発育している必要があります。
この時期はまだ成長期で、装置を使えばうまく顎の成長を誘導していくことが可能です。

場合によっては歯を直接動かすことなく歯並びを改善できることもありますし、もし後で歯に装置を付ける必要が出てきたとしても短期間で治療が完了します。
成長期だからこそできる治療を、早めに始めるようにしましょう。

主な治療方法

この時期は、取り外し式の装置を優先して使用します。基本的には寝る時だけ着けて頂く治療を行います。矯正装置を着けたまま学校に行く必要はありませんし、食事や歯磨きも通常通りに行って頂けますので、治療中の装置のことが不安な方も、ぜひお気軽にご相談ください。

コンプレックスをなくす重要性

「出っ歯」や「すきっ歯」など、歯並びのことが気になると、それがコンプレックスとなり人前で自信を持って話せなくなったり、大きく口を開けて笑えなくなったりしてしまうことがあります。
当クリニックでは、お子さまにコンプレックスなく育って頂きたいという想いで、治療に当たらせて頂いております。

歯磨きの徹底

当クリニックでは、小さなお子さま向けに歯磨き指導をしており、フッ素を歯に塗ったり、生え替わり時期の歯の状態をチェックしたりしながら、適切な矯正治療時期が来るまでは健康な歯を守ることを重点的に行っていきます。
「歯並びがきれい」で、しかも「虫歯ゼロ」な状態を目指し、一緒に取り組んでいきましょう。

怖くない・痛くない歯医者さん

当院は矯正治療專門の歯科クリニックのため、歯を削る「キーン」というドリル音が院内で響き渡るようなことはありません。
当院でのクリーニングや矯正治療をしながら、きちんと歯医者さんに通う習慣も身に付けて頂ければと思います。