マウスピース矯正「インビザライン」「アソアライナー」

マウスピース矯正とは

従来のワイヤー矯正の代わりに透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)をご自身で装着し、歯並びを矯正していく画期的な矯正治療です。治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着する事で治療が進んで行きます。
透明で薄い素材でできているため、治療中もほとんど目立たず、お食事と歯磨きの時は自分で外して頂けます。

インビザライン

そんなマウスピース矯正の中でも、最も精度が高く当院が全顎矯正に採用している装置がアラインテクノロジー社のインビザラインです。治療前にコンピュータースキャンイングした3D画像を使って歯をどのように移動させていくのかシミュレーションし、緻密な計画をたてた上で治療を進めていきます。

アソアライナー

アソアライナーもマウスピース矯正の一つですが、インビザラインのようにコンピューター上の3D模型にて歯を並べるのではなく、実際にとった歯形を動かしてからマウスピースを作ります。最初にたくさんのマウスピースを作るのではなく、一定期間装着して歯が動いてから再度歯の型を取り、次のマウスピースを作ります。

歯形を採取する回数は増えますが、日本での発注の為にインビザラインと比較すると
割安で治療可能です。部分矯正や、後戻り矯正など、短期間での治療には最適な治療方法。

マウスピース矯正の治療期間

マウスピース矯正は他の矯正治療方法とほぼ同じくらいの治療期間で治療を終える事ができます。ただし、患者さまが使用する事で治療が進んでいきますので、患者さまのご協力が必要となってきます。

歯の移動が少ない場合には数ヶ月で終わる事もありますが、平均的な治療期間は2年程度となります。

マウスピース矯正の適応年齢

マウスピース矯正は幅広い年齢の患者さまに適応可能です。
従来インビザラインは永久歯完成後の大人の為の矯正治療でしたが、
現在はインビザライン ティーンを用いて永久歯交換途中の10代の患者さまにも治療が行える様になりました。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

  • メリット
    • 目立たないので人に気付かれにくい
    • 取り外しできるので、食事に影響がない
    • 取り外すため歯磨きがしやすい
    • ワイヤーやブラケットといった装置を使用しないため、違和感が少なくトラブルの可能性が少ない
  • デメリット
    • 患者さまの使用時間が少ないと治療が進まない
    • 装置を無くしてしまうと治療が滞る事がある
    • 装置を外さないと食事ができないため間食がしにくい
    • 表側矯正と比べると発音に影響が出る事がある