インプラント矯正

インプラント矯正とは

矯正治療では、ブラケットと呼ばれる装置を歯に取り付けて、ワイヤーでお互いの歯を引っ張って位置を移動させていきます。

この方法では、奥歯をさらに奥の方に移動させるようにワイヤーを引っ張ることができない、支えにしていた歯にも力が加わり変な位置に移動してしまう、といった欠点がありました。

そこで、歯とは別にワイヤーを引っ張るための支えを取り付けることで、他の歯に負担をかける事無く、より自由に正確に歯を動かせるようにした治療方法がインプラント矯正です。この方法では、インプラント、もしくはアンカースクリューと呼ばれる装置をお口の中(顎の骨)に装着し、それを支えにして歯を動かしていきます。

インプラント矯正のメリット

抜歯が不要になる可能性が上がる

歯をきれいに並べるために十分なスペースがお口の中にない場合は、通常、歯を抜くことでスペースを確保します。しかし、インプラント矯正なら奥歯をさらに奥に移動させることでスペースを確保し、抜歯をせずに矯正治療を行うようにできることがあります。

治療期間が短くなる

しっかりとした支えにワイヤーを引っ掛けて歯に力を加えるため、効率的に歯を動かしていくことができ治療期間の短縮につながります。

動かしたくない歯に力を加えずに済む

歯だけにワイヤーを取り付けてお互いに引っ張ると、元々正しい位置にあった歯まで動いてしまうことがあります。インプラント治療では固定された支えを利用しますので、動かしたくない歯には力を加える必要がありません。

アンカースクリューの装着の方法

インプラント治療に使用するアンカースクリューをお口の中に取り付ける時、口腔外科手術をしたりお口の中を切開したりする必要はありません。

当クリニックでは麻酔を使用して顎の骨の神経のないところへ埋め込みますが、医院によっては麻酔を使わずに取り付け処置をするところもあるくらい、ほとんど痛みはありません。

また、治療後に取り外す時もほとんど出血や痛みはなく、数日で傷口はふさがりますのでご安心ください。