院長ブログ

2015.11.04更新

年末年始のお休みは12月27日(日)~1月4日(月)となりますstarmonkey

お休み中でも何かありましたらご連絡下さい。

こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

 

sakurai orthodontics tooth
青山表参道 桜井矯正歯科クリニック
〒107-0062 東京都港区南青山5-13-7 1F
tel 03-3797-8111

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.10.22更新

こんにちは leaf

東京都港区の矯正歯科専門医院・

青山表参道 桜井矯正歯科クリニック

院長の桜井由美子です。

 

tooth矯正は痛みを伴うので怖いと思っていませんか?

 

最先端の矯正治療は装置やワイヤー、治療方法の進化によってだんだん痛みが少なくなって来ていますbird

 

先月矯正歯科治療を開始してブラケット装置をつけた患者様が今月初めての調整に先週3人続けていらっしゃいました。

 

お一人目は抜歯を行ったケースで上下ともに表側からのブラケット装置でセルフライゲーションブラケット「クリッピークリア」を装着、もう一方は非抜歯で上顎を最新の舌側矯正治療装置「インコグニト」、下顎はセルフライゲーションブラケット(クリッピークリア)、最後の患者様は抜歯を行い、上下顎ともに新の舌側矯正治療装置「インコグニト」の患者様です。

 

dog装置をつけて初めは痛かったですか?とお聞きしたところ、

「先生、それが何ともないんです。以前矯正をしていた友達から痛いと聞いていたのに、全く痛くないので、もっと痛く締めてもらって大丈夫です!」

「全然痛くなかったです。動いていますか?もっと痛くても大丈夫です!」

「全然違和感も無くてトラブルも無かったです」

といった感想を3人ともおっしゃっていて続けてだったのでとても嬉しく思いました。痛くないと動いてないのでは?力が弱すぎるのでは?と不安になる患者様もいらっしゃるようですが、実際は強すぎる力では歯は動きません。 弱い、持続的な矯正力で歯は適切に動いていきますので痛くなくても心配はいりません。 なんだか変な説明ですよね?「痛くありませんが、心配いりません。」

 

もちろん痛みの感じ方には個人差もありますし、歯並びによっても異なってきますのですべての患者様が全く痛みなく治療を終える事が出来る訳ではありません。しかし、一番始めの歯の動かし始めは一般的には痛みを伴う事が多かったのですが、最先端のワイヤーと装置によって痛みは確実に軽減されている事を実感していますmonkey

 

tooth最後に

 

矯正治療は痛いもの!と思って矯正治療に踏み切れない患者様もいらっしゃると思いますが、確実にワイヤーや装置は進化して違和感や痛みは軽減されていますので、治療期間を快適に過ごして頂けるようになってきました。 痛みが嫌!と思われている患者様も是非一度ご相談にいらして下さい。

 

sakurai orthodontics
青山表参道 桜井矯正歯科クリニック
院長 桜井由美子
〒107-0062 東京都港区南青山5-13-7 ビューメッドスクウェア1Fイースト
tel 03-3797-8111

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.09.25更新

こんにちはleaf

東京都港区の矯正歯科専門医院・青山表参道桜井矯正歯科クリニック院長の桜井由美子です。

tooth本日は乳歯についてのお話です。 乳歯は英語ではBaby tooth, Milk toothと言われます。ベイビー、ミルクとなんだか可愛い名前ですねtooth

 

 乳歯は永久歯が生え揃うまでのとても大切な役割を担っています。 小さいお口に合った大きさで、咬むという事に加え、永久歯が生えるときに正しい位置への誘導や場所とりをしてくれています。良い歯並びになる為の準備をしてくれている大切な歯なのです。良い歯並びへの第一歩として乳歯をムシ歯にしない事はとても大切になってきます。

しかしながら、乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいと言われています。 しっかりと乳歯のケアをしてムシ歯無しで永久歯へとバトンを渡したいですね。

 

snakeところでなぜ乳歯は虫歯になりやすいのでしょうか?

いくつかの原因がありますが、まず永久歯に比べると大きさや厚さが半分程度です。 そのため、歯の表面にある体の中で一番硬いエナメル質も大人の半分しかないので虫歯の進行が早いと言われています。 また、乳歯は神経が大きく、エナメル質とその内側になる象牙質の厚みが薄いため、虫歯になるとすぐに神経まで進行してしまします。

 

mouse次に乳歯のムシ歯は黒では無く、白い事が多いのです。 白いとムシ歯になっても気づくのが遅れ、進行してしまいます。 大人の黒いムシ歯はゆっくりと進行していきますが、白いムシ歯は早く進行する場合が多いので気づいたときには大きな穴が開いていた!なんて事になったらとてもショックですね。

 

cakeまた、乳歯のムシ歯は食事の変化であっという間に進行してしまいます。 先月はムシ歯が無かったのに今月にはできていた!といった場合にはお子様の食生活の様子を伺うと必ずと言っていいほど心当たりのある食生活が分かってきます。 普段はおやつをあまり食べていなかったのに、今月は夏休みでおやつを食べる頻度が増えた。習い事をはじめてその前後におやつを食べる習慣がついた。最近◯◯というお菓子に夢中になり、毎日食べていた….などです。 子供の好きな食べものにはムシ歯の原因になりやすいものも多くあります。「お口の中にとどまりやすいもの」「虫歯菌が取り込みやすい糖分をたくさん含むもの」「ネバネバして歯にくっついてしまうもの」などのお菓子です。 お口の中に糖分がとどまっている時間が長いとムシ歯になってしまうので、まずはおやつの時間、また食べる量を決め、だらだらと食べ続ける事が無いようにしましょう。

 

最後にleaf

歯は美味しいものをたくさん食べるためにありますよね。 決してお砂糖やケーキが悪い訳ではありません。 美味しいものを沢山食べて、毎日のケアをしっかり行って 生涯良い歯で美味しいものを沢山食べたいですね。 付き合いは短い乳歯ですが、生涯付き合う永久歯の為にも大切にケアして行きましょうtoothribbon

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.09.24更新

こんにちは leaf

東京都港区の矯正歯科専門医院・青山表参道桜井矯正歯科クリニック

院長の桜井由美子です。

本日は歯の一生と矯正歯科治療についてお話ししようと思います。

 

 

toothまず歯はいつから出来るのでしょうか?

 

答えはお母さんのおなかの中です!

この【胎児期】に小さな乳歯の芽ができます。

歯のもとになる歯胚と呼ばれるものがお母さんの胎内で出来始めます。

乳歯が虫歯になるとその後の永久歯の歯並びにも関わって来ます。

乳歯はお母さんからの栄養でまずでき始めるので、

お子様の為にもお母さんの健康管理が大切ですねglitter

down arrow

 【幼児期】には乳歯が生えてきます。

お母さんの唾液の中に虫歯の原因になる菌があると同じスプーンやお箸を使用するとお食事の時に子供に感染すると言われています。 お母様の虫歯もしっかりと治療する事も大切となってきます。 また、乳歯列期には矯正治療を開始する事は少ないですが、反対咬合など一部の不正咬合では乳歯列からの治療が必要になる事もありますtiger

down arrow

【学童期】には6歳臼歯が生え始め、前歯が乳歯から永久歯に生えかわります。

永久歯が正しい位置に生えてきたかを注意して見ておきましょう。 生えかわり時の異常があればまず矯正専門医に一度受診しましょう。 すぐに緊急で治療を開始する必要がある方は少ないですが、 反対咬合や上顎前突など早期治療が有用な症状もあります。 また、この頃に治療を始める事で骨格の成長を利用して治療結果をより良いものにし、歯が生える時期に自然な生え替わりを利用して歯に負担を少なく治療を行う事が可能な場合もあります。また、治療をすぐに開始しなくても歯の発育時期に定期的に歯並びをチェックし、フッ素を塗布したり適切な歯磨き指導を行う事で強い歯を育てる事で良い治療結果につながっていきます。

めやすとして7歳までに一度矯正歯科医院を受診する事をおすすめしますrabbit

down arrow

 【青春期】は永久歯が生えそろう時期となります。

このころには小児矯正をされていた方は仕上げに入ります。 また、この頃には小児矯正(早期治療)が必要なかった患者様も本格矯正を行うベストタイミングとなります。 しかし、永久歯が生えそろい始める12~13歳は虫歯になりやすい時期です。 歯が生えてきてから1年は最も虫歯になりやすいといわれています。 また、学校や部活、受験などのタイミングでとても忙しい時期でもあります。 この時期に始めるにはマイナスな面が多い様にも思いますが、 歯が生えそろうので今歯並びを治しておくと綺麗な歯並びでずっといれるので 虫歯になるリスクを早めに改善できるメリットがあります。 また、治療中は月に一回の矯正治療の調整で通院が必要となる為、クリーニングやフッ素塗布を治療と同時に適宜行い、虫歯になりやすい部位は事前にシーラントなどの予防処置が行えるメリットもあります。また、万が一虫歯になってしまっても小さい虫歯のうちに早期発見する事により大きな虫歯になるのを防ぐ事ができます。

理想的にはこの時期に治療を終える事が望ましいですが、受験や部活などのタイミングをみながら、患者様にとって一番良い時期に行えるように相談させて頂けたらと思います。tooth

down arrow

次に【成人期】 です。

成人期には親知らずが生えてくる方や生えて来なくても顎の中で親知らずが押して来て歯ならびが悪くなってしまう方もいます。 それまでは歯並びが良かったり、矯正治療を終えていても、親知らずが生えてくる事により前歯が押されて出てきてしまったり、前歯がガタガタしてしまう事もあります。 適切な時期にレントゲン写真により親知らずの状況を経過観察し、必要に応じては抜く事も今後の歯の一生の為には必要な事もあります。 もちろん、問題の無い親知らずを無理に抜く必要はありませんが、まずは相談下さい。 また、この時期には歯が成熟し、虫歯のリスクに加え、軽い歯周病にかかり始める方も増えてきます。この時期には虫歯予防に加え、歯周病予防にも力をいれ綺麗は歯と歯並びを保ちましょうglitter

down arrow

【壮年期】には人によっては虫歯や歯周病により歯を喪失する方も出てきます。

この時期には歯周病により歯肉が退縮し、歯の根の虫歯になりやすい時期になります。歯周病に罹患している場合には矯正治療を始めるにあたり、まずは歯周病治療が必要となってきます。人によっては部分矯正をする事により歯周病のリスクを減らす事が出来る場合もあるので歯周病と診断された方でも矯正治療可能な場合もありますので諦めずにまずご相談ください。 また、虫歯により歯を喪失してしまい歯並びが崩れて矯正治療を必要とされている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方も虫歯や被せものの専門医と協力しながら矯正治療を進めていきますflower2

down arrow

【老年期】には義歯を使用する方が増えてきます。

部分的や全体的に義歯を使う人もでてきます。 歯の喪失をあきらめずにきちんと適切なケアを行って下さい。残っているご自身の歯を少しでも長く維持して行ける様、必要に応じて義歯専門の先生と協力しながら矯正治療を行います。残った歯を大切にしましょうtoothglitter

 

tooth最後に

健康な歯で咬むと言う動作は全身の健康にも密接に関わってきます。 多くの方々が綺麗な歯並びで健康な毎日をおくれる様に矯正歯科専門医院として今後も日々研鑽を積んで参りたいと思っています。leaf

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.09.07更新

こちらからご覧いただけます。

http://minato-doctors.com/movieDetail/1259

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.08.31更新

港区ドクターズのインタビューを受けました。
是非ご覧下さい。
http://minato-doctors.com/interviewDetail/1259

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

2015.08.01更新

当院は、「20歳以上は、無料で検診。港区の『お口の健診』」の実施歯科医療機関となっております。

検診内容は歯・だ液・噛む機能・舌の汚れの検査を行い、検査結果の説明とお口の健康指導を行います。

2015年前期検診は8月31日までとなっておりますので是非ご予約ください。

 

20歳以上の港区民でしたら、どなたでも受診できますので詳しくはお問い合わせください。


Tel:03-3797-8111

投稿者: 青山表参道桜井矯正歯科クリニック

前へ